御朱印とは[神社編]|御朱印って実際なんて書いているの?

ブログランキング参加中!

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村 御朱印LOG - にほんブログ村

皆さまは、頂いた御朱印をじっくり観察したことはありますか?
神社や書く人によって、同じ御朱印でも個性が全く異なります。
はっきりと読みやすい字、崩した特徴ある字、達筆すぎて解読不能の字、見たことない字など。
これを、ただのスタンプとしちゃうのはモッタイナイ!
せっかく書いていただいた御朱印は、お寺をもっと知るチャンスです。
書いてくれた人に、『これ何て書いてあるんですか?』と聞くのも大いにアリなんです。
忙しい時間帯でなければ、詳しく教えてくれますよ。
というわけで、ここではよく見かける御朱印3パータンについて、解説してみました。

御朱印とは

まずは、御朱印についての本来の目的から。
御朱印は、かつて寺院を参拝し、写経を納めた証として頂くものでした。江戸時代以前は、神仏習合(※)の時代であり、神社にも納経されることがありました。※神仏習合とは、神道と仏教が融合し、両方の教えを区別せずに信仰するという考え方であった。
しかし、時代の変遷とともに簡略化され、現在多くの人がそうするように、神社でも参拝の記録として頂けるものとなりました。したがって、参拝の記録として頂く場合は、お参りを終えた後に御朱印を頂きましょう。

御朱印のいただき方

まずは御朱印帳を用意

御朱印は、『御朱印帳』という帳面に書いていただくことが一般的です。なので、まずは御朱印帳を購入しましょう。御朱印帳は、お寺で販売しているので、初めて御朱印を頂く場合には参拝したお寺で選ぶとスムーズです。

神社ごとに色々なデザインの御朱印帳を販売しています。お気に入りの御朱印帳を探して、神社を参拝する目的にするのも良いかもしれません。

東京|谷保天満宮

埼玉|川越氷川神社

福岡|太宰府天満宮

埼玉|三峯神社

最近では、ネットショップでも様々なタイプの御朱印帳が購入できます。じっくり探してみるのも良いですね。

御朱印はどこでもらえるの?

御朱印は、神社の社務所で頂くことが一般的です。
また、「御朱印受付」の案内板が設置されている神社が多いので、場所が分からず迷うことはほとんどありません。

御守やおみくじ、お札の販売所で御朱印を書いていただける場所も多いので、まずは売り場へ足を運んでみましょう。

御朱印書のいただき方

御朱印の受付所で、お願いしましょう。
整理番号を書かれたカード等を手渡されることがあります。1枚ずつ手書きで書いてくれるようなお寺は、時間がかかるので少し待ちます。

気を付けたい3つのポイント

書いてほしいページを開いてお願いする。
・書いている様子をむやみに写真撮影しない。
・帳面を汚したりせず、大事に扱うこと。

あとは、御朱印料を払えばOK!
ほんの1~2年前(令和5年現在)までは300円が一般的でしたが、今は500円が主流となっているようです。


お寺の御朱印と神社の御朱印って分ける?

頂く御朱印が増えてくると、お寺と神社の御朱印が同じ御朱印帳に混在することが気になるシーンも出てくるのではないでしょうか。
これは、特にルールはないので、気にしなくでも大丈夫◎
今でこそ「お寺」と「神社」は明確に分かれていますが、明治時代まではお寺と神社は一緒に祀られていました。いわゆる「神仏習合」と言われています。
今も、神社と仏教が一緒にお祀りされた神社もあります。
ということで、個人的に分けたければ2冊持つ、一緒でOKと思えば1冊で頂けば良いでしょう。
ただ、稀に1冊の御朱印に書き入れることを断られる場合もあります。そのような場合は、無理なお願いは控え、寺社の意向に従いましょう。

なんて書いてある?御朱印の見かた

中央に社印のみ押されている場合|例:出雲大社(出雲)

①[奉拝ほうはい
謹んで参拝をすること。
お寺に参拝したことを意味する。

②[出雲大社]の印。
出雲大社の印鑑。

【まめ知識】
この印だけの御朱印は一見シンプルであるが、これは昔からの伝統的な形であるため、こだわりを持っている神社が多い。

中央に神社の名前が書かれている場合|例:大國魂神社(府中)

①[奉拝ほうはい
謹んで参拝をすること。
神社に参拝したことを意味する。

③[大國魂神社]
「社号」と言って、神社の名前のこと。

②[武蔵總社]
「武蔵」国府にある武蔵国の総社であることを記している。
※総社とは特定地域内の神社のご祭神を集めて祀った神社のこと。

④[大國魂神社印]
大國魂神社の印鑑。

⑤[大國魂神社社務所印]
社務所の印鑑。

カラフルなデザインで書かれている場合|例:烏森神社(新橋)

[新春奉拝ほうはい
 新年に謹んで参拝をすること。
 お正月限定の印でもある。

号]神社の名前
 「社号」と言って、神社の名前のこと。

烏森神社の社紋]
 「烏森神社」と、鳥をあしらった「社紋」の入った印鑑。

まとめ

このように一言で御朱印と言っても様々なバリエーションがあります。文字や印の一つ一つに意味があり、それを読み解くことでますますお寺についても理解が深まります。

よろしければ投票お願いします(^^)

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ  
error: Content is protected !!